台湾人も大好き!話題のおしゃれスポット『松山文創園区』。緑と芸術が融合した松山文創園区でのんびりとした時間を過ごそう。

台北にある都会のオアシス、松山文創園区。

松山文創園区はただの公園ではなく、敷地内にはアート作品を展示する展示場も数多くあります。

また松山文創園区のエリア内には今話題の誠品生活の店舗や誠品ホテルもあります。

大都会の台北にちょっぴり疲れたら、松山文創園区でのんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

松山文創園区とは

松山文創園区

今では緑と芸術が融合したおしゃれスポットに生まれ変わった松山文創園区ですが、もともとこの場所には『松山煙草工廠』という煙草工場がありました。

 

松山煙草工廠は1937年に建設され、60年ほどこの土地で営業した後、1998年に工場は閉鎖されます。
その後2001年に松山煙草工廠の工場跡は市の史跡に指定されます。
そして最終的に芸術と公園が融合した現在の総合文化施設、松山文創園区として生まれ変わりました。

 

現在展示会を開催したり、ショップになっている建物は昔の松山煙草工廠の建物をリノベーションしたものです。

 

松山文創園区 おすすめスポット

生態景観池

松山文創園区内の生態景観池

台北市内では貴重な湿地帯です。
運が良ければ野生のアヒルなどかわいい動物たちにも会えるかもしれません。

 

ボイラー室

松山文創園区内のボイラー室

松山煙草工廠内で必要なエネルギーを供給するために建てられた建物です。
三角屋根の建物と煙突がとてもいい雰囲気を醸し出しています。

 

機械修理工場とヤシの木通り

松山文創園区内の機械修理工場

この平屋建ての長い建物は、当時機械を修理する場所として使用していた建物です。

 

松山文創園区内の機械修理工場とヤシの木通り

機械修理工場そばのヤシの木通りは工場の敷地内とは思えないほどおしゃれな空間です。
現在はオープンカフェが立ち並ぶエリアになっています。

 

オフィス棟

松山文創園区内のオフィス棟

こちらは松山煙草工廠のオフィスとして使用されていた建物です。
クラシックな洋式建築と現代建築を組み合わせた建物と言われています。
こんなおしゃれなオフィスで仕事をしてたなんて羨ましいですね。

 

カフェ、ショップスペース

松山文創園区のカフェ

先ほどの機械修理工場の向かい側の建物内は、カフェとショップになっています。

 

松山文創園区内のカフェ

カフェ内はレトロなインテリアと落ち着いた照明でついつい長居しちゃいそうな空間です。

 

松山煙草工廠の看板のレプリカ

これは当時の松山煙草工廠の看板のレプリカです。

 

松山文創園区内のショップ

そしてショップにはいろいろな工芸品や台湾人デザイナーのバッグなども売られているのでゆっくり見てみてください。

 

台湾設計館(台湾デザインミュージアム)

松山文創園区内の台湾設計館(台湾デザインミュージアム)

この建物はかつて煙草を製造していた工場でした。
現在この建物内ではたくさんのアートが展示されています。

 

誠品生活、誠品ホテル

松山文創園区内の誠品生活、誠品ホテル

そしてこの松山文創園区のエリア内には今話題の誠品生活 松菸店と誠品ホテルがあります。

 

誠品生活 松菸店内にはカフェやフードコートなどもあるので、歩き疲れたらここで休憩するのもおすすめです。

 

松山文創園区へのアクセス、営業時間

 

住所:台北市光復南路133號

最寄り駅:台北MRT 板南線 市政府駅

電話番号:(02)27651388

営業時間:園外(生態景観池、ボイラー室、機械修理工場のあるエリア) 24時間開放
     園内の室外エリア 8:00~22:00
     園内の室内エリア 9:00~22:00
     カフェやレストランの営業時間はショップによって異なります。

※情報は2019年1月現在のものですので、実際に行く前には最新情報を確認してから行くことをおすすめします。

 

まとめ

松山文創園区がある台北MRT 市政府駅付近のエリアには建設中の台北大巨蛋(巨大ドーム)や国父記念館もあります。

また、松山文創園区付近のエリアにはおしゃれなカフェやお店もたくさんあるので1日中楽しめそうですね。

台北に行ったら都会のオアシス 松山文創園区にぜひ行ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました